七六 七六

日本の眼鏡づくりにおいて、独自に受け継がれてきた素材“サンプラチナ”。今では、ほとんど使われることがなく、チタンが主流になっています。この失われつつある素材を、代々続く“手曲げの技法”で扱っている職人にフレームを製作依頼。チタンにはない手で曲げられるという特性を最大限に活かし、細かいデザインや仕様を追求しています。

“Sun Platinum Metal” is the material which has been inherited uniquely among Japanese grass craft. Nowadays, however it is rarely used it is rarely used and titanium is the mainstream. We are pursuing fine design and specifications, taking full advantage of the ability to bend by hand, which titanium does not have.